高齢者の定義

先日、日本老年学会と日本老年医学会から、高齢者の定義を現在の「65歳以上」から「75歳以上」にすべきという提言がなされました。さらに65歳~74歳を准高齢者、90歳以上は超高齢者とすることも、併せて提言されました。

多くの国で65歳以上を高齢者とするということになっているようですが、この定義には医学的・生物学的な根拠はないようです。しかし実際の医療現場では抗がん剤治療などで65歳未満と65歳以上とでは区別されています。65歳以上の場合は薬の量が減らされることが多く、また造血幹細胞移植のような強力な治療は初めから対象外とされます。でも最近は65を超えてもお元気な方が多く、64歳ならOK、65歳はダメと、はっきり線引きをすることが難しくなっているのが事実です。70代でも矍鑠(かくしゃく)としている方もおられます。確かに65歳以上を高齢者とするのは、実際の感覚に合わなくなってきているのかもしれません。

65歳になったら仕事は辞めて、年金をもらって隠居生活にはいるというのは、元気な高齢者にとっては物足りないことかもしれません。高度経済成長期にバリバリ仕事をしてきた世代の人々にとっては、仕事から離れることは寂しいことに違いありません。それなのに、自分ではそう思っていなくても周りから高齢者と言われると、何となくその気になってしまって、気力が萎えるかもしれません。
最近は企業も高齢者の雇用に理解を示し、65歳を過ぎても雇用を継続するところが増えているとのことです。働けるうちは働く、体力の限界を感じたら自分の判断で辞めるということにすれば、高齢者の能力をうまく活用できるのではないでしょうか。
もちろん、自分はこれまで身を粉にして働いて来たから、今後は家族とともにのんびり暮らしたい、あるいは地域の中でこれまでの経験を活かしたいと考えるのであれば、それはそれで尊重されるべきでしょう。

大事なことは、65歳以上の人々を「高齢者」という枠に押し込んで社会から隔離するのではなく、経験豊富な人生の先輩として、社会に貢献してもらう方策を考えるということなのではないでしょうか。

ひとつ気になることがあります。学会はあくまでも医学的な観点から高齢者の定義を見直すことを提言しているのですが、政府がこれ幸いとばかり年金支給年齢を遅らせたりすることがないだろうか、ということです。65歳以上の方がみんな元気で裕福な生活をしているわけではありません。年金をもらうために75歳まで働けと言われても、それができない人も大勢いるのです。高齢者の定義が変わることで、医療・福祉の政策面で後ろ向きとならないことを願います。

私も高齢者の仲間入りをして、この先どういう人生を送るべきか、時々考えます。若い頃は血液内科医としてがむしゃらに働きましたが、これからはそんなことはできません。病院長職を辞したあと、どこでどういう生活をするか、まだ具体的な方向は定まっていません。少しのんびりしたいなという気持ちもありますし、医師として地域に貢献できればなぁという思いもあります。さて、実際にはどうなることでしょうか。

私は医師としてこれまで大勢の方を見送って来ました。血液疾患患者は比較的若い方が多く、人生これからという10代、20代の方、働き盛りの30代、40代の方の死をたくさん見て来ました。そんな経験から自分だけが80、90まで生きられるとは思っていません。いつか(それがいつになるかはわからないけれど)自分もお迎えが来る、いつもそういう気持ちで日々を過ごしています。だから先のことを考えるときはせいぜい5年先までで、10年先を考えることはありません。死にたいとは思いませんが、いつお迎えが来てもいいように、一日一日を大切に過ごしたいと思っています。

高齢者の定義が75歳以上となるかどうかは置いておき、65歳を超えた方、是非自分の身体に目を向け、いたわってあげて下さい。これまで随分無理をしてこられたのではありませんか? 今まで病気をしたことがない人でも、これからもそうだという保証はありません。身体を大事にして、健康な「高齢者」となることを目指しましょう。そして、できれば「自分もいつかお迎えが来る」という気持ちをどこかに持っていていただけるといいのではないかと思います。余計なお世話かもしれませんが…。

平成29年1月26日
病院長 藤原正博

カテゴリー: 院長の部屋