抗菌薬の適正使用

以前のコラムで抗生物質と耐性菌の話をしました。このまま抗生物質の濫用が続けば、抗生物質が効かない耐性菌が増え、それによる感染症のために死亡する人が増えるという話でした。
有効な対策が講じられなければ、2050年には全世界で年間1,000万人が薬剤耐性菌により死亡すると推定されています。
かなり前から世界で危機意識が共有されていますが、日本においては対応がやや鈍いという印象でした。ここにきて漸く厚生労働省も本格的に取り組む姿勢を見せ、その第一弾として「抗微生物薬適正使用の手引き」がつい最近公表されました。とりあえず急性気道感染症と急性下痢症が対象となっています。

※ 話を進める前に、言葉の整理をしておきます。「微生物」というのは細菌、真菌(カビ)、ウイルス、寄生虫などを意味し、「抗微生物薬」といのは病原微生物に対する治療薬のことです。「抗菌薬」というのは、抗微生物薬の中で細菌に対して作用する薬剤の総称です。「抗生物質」というのは、微生物その他の細胞の機能を阻止または抑制する作用を持つ物質で、微生物が産出する化学物質のことです。抗生剤と呼ばれることもあります。抗菌薬=抗生物質というわけではなく、抗生物質の中には抗がん剤(ドキソルビシン等)もあります。また抗菌薬には合成抗菌薬とよばれるものがあり、厳密には抗生物質とは異なります。

皆さんの多くが「風邪をひいた」と言って医療機関を訪れる急性気道感染症は、「感冒」「急性鼻副鼻腔炎」「急性咽頭炎」「急性気管支炎」の4つに分類されます。これら「風邪」に対して、医療機関ではこれまで多くの医師が経験的に(言い換えると、たいした根拠もなしに)抗菌薬を処方していました。しかし風邪の原因のほとんどはウイルスであり、細菌に対して作用する抗菌薬は、ウイルスには効果はないのです。従って「抗微生物薬適正使用の手引き」においては、「感冒に対しては抗菌薬投与を行わないことを推奨する」「成人では軽症の急性鼻副鼻腔炎に対しては抗菌薬投与を行わないことを推奨する。中等症または重症の場合のみアモキシシリン内服5~7日間投与を検討することを推奨する」「検査でA群β溶血性連鎖球菌が検出されていない急性咽頭炎に対しては、抗菌薬投与を行わないことを推奨する。検査でA群β溶血性連鎖球菌が検出された急性咽頭炎に対しては、アモキシシリン内服10日間投与を検討することを推奨する」「成人の急性気管支炎(百日咳を除く)に対しては、抗菌薬投与を行わないことを推奨する」と記載されています。つまり、ごく一部を除いて抗菌薬は必要ないと言っているのです。
皆さんの中には抗菌薬を服用した方が風邪が早く治ると考えている方がいるかもしれませんね。実際そう思って医師に抗菌薬を処方するよう要求する人がいます。しかしそれは全くの誤解でしかありません。抗菌薬を飲んでも風邪が早く治るわけではなく、むしろ下痢、皮疹などの副作用のリスクが大きくなるだけなのです。
抗菌薬の不適正使用はあなたにとって問題となるだけでなく、耐性菌を生み出すことによって全世界の人々に影響を及ぼすことになるのです。

米国では抗菌薬の使用はかなり厳しく制限されているようですが、日本においては比較的自由に使うことができます。上述したように風邪に対しても気軽に抗菌薬が処方されて来ました。言ってみれば無駄な薬の使い方ということになります。その結果MRSAを始めとする耐性菌の増加に繋がったのです。
MRSAという言葉は皆さんもお聞きになったことがあると思いますが、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌のことで、ほとんどの抗菌薬が効きません。MRSAによる感染症を発症すると治療に難渋しますが、それでもまだ有効な抗菌薬があるのでなんとか対応が可能です。
しかし、現在最も優れた抗菌薬の一つであるカルバペネムと呼ばれる抗生物質にもし耐性菌ができて広がったとしたら、その感染症に対しては私達はなす術がありません。そしてそれが現実となりつつあるのです。幸い日本ではまだ少ないのですが、欧米ではカルバペネム耐性菌の比率が10%を超えていると言われています。
カルバペネムが外来で安易に使われることはまずありませんが、入院患者で原因のはっきりしない感染症疑いの発熱に対しては、かなり使われています。止むを得ない場合もあるのですが、他の抗菌薬で対応が可能なら、カルバペネムの使用は避けるべきでしょう。これについては薬剤を選択する医師の側の問題です。

抗菌薬はフレミングがペニシリンを発見して以来、飛躍的な発展を遂げ、幾多の感染症から人類を救って来ました。しかしここにきて新たな抗菌薬の開発にブレーキがかかり、もう何年もの間、有用な新規抗菌薬は出て来ていません。
となると、私達は限られた薬剤を上手に使っていくしかありません。それが適正使用ということになります。

まず不要な抗菌薬は使わないこと。これには私達医療側が極力処方を控えるとともに、皆さんにもむやみに抗菌薬を要求しないようにしていただかなくてはなりません。必要な時に必要なものを必要なだけ使うという姿勢が重要です。
次に病原微生物をきちんと同定して、適切な抗菌薬を選択すること。その際できるだけ抗菌スペクトラムの狭い抗菌薬を優先使用すること(これは私達医療側に求められることです)。カルバペネムは抗菌スペクトラムの広い、即ち多くの細菌に対して効果があり、強い殺菌力を有する優れた抗生物質であるがために、熱が出て細菌感染が疑われると安易に使ってしまいがちです。しかしそうすることが耐性菌の増加に繋がり、将来の私達に危機をもたらすことになるのです。
もう一つ皆さんに守っていただきたいことがあります。もし抗菌薬が処方された場合には、途中で勝手にやめずに、7日とか10日という服薬期間を遵守していただきたいのです。症状が治まったからと言って途中でやめてしまうと、細菌を全部駆逐できず、細菌の耐性化に繋がる可能性があるからです。

抗菌薬は私達にとってとても大切な薬です。今だけ、自分だけではなく、人類の将来も慮って、上手に使いましょう。

平成29年5月18日
病院長 藤原正博

カテゴリー: 院長の部屋