たばこは有害無益、吸うのなら他人に迷惑をかけぬよう

厚生労働省の研究班によると、2015年度のたばこによる損失額は2兆500億円に上るとのこと。
その内訳は、喫煙者の医療費が1兆2600億円(そのうちがんの医療費が5000億円超)、受動喫煙が原因の医療費が3300億円、歯の治療費が1000億円、さらにたばこが原因で病気になり、そのために生じた介護費用が2600億円、火災による損失が980億円。

たばこは有害無益であり、特に受動喫煙が問題となっています。世界の先進国は確実に禁煙に向けての取り組みを進めていますが、なぜか日本は消極的です。
実際にたばこを吸う人はたばこの毒性を分かった上で自分の責任で吸えばいいのでしょうが、たばこを吸わない周りの人に迷惑をかけることだけはやめてほしいと思います。
受動喫煙を防止するための法案制定にあたって国会でもめたことは記憶に新しいと思います。限られたスペースでの受動喫煙を防止するためにはそのスペースを全面禁煙とすべきなのですが、国会議員は誰との利害関係を優先したのか、屋内全面禁煙は実現しませんでした。

たばこがいろいろな病気の原因になることは明らかです。肺がんを始めとする各種がん、脳卒中、歯周病、慢性閉塞性肺疾患など。そんな中一方で医療費抑制を叫びながら、一方では受動喫煙を放置するというのは、矛盾しているとしか言いようがありません。

世の中全体としては喫煙者にとっては肩身が狭くなっているようですが、それでもなおたばこを吸っている人は、健康で長生きしたいと思うのであれば即刻禁煙すべきです。別に長生きなんてしたくない、今が良ければそれでいいという人は、いずれ健康を害するということを自覚した上で、他人に迷惑をかけぬよう、一人でたばこをお楽しみください。

 平成30年8月23日
病院長 藤原正博

カテゴリー: 院長の部屋