三たび、医療はチームなんだという話

熱戦を繰り広げた100回目の夏の甲子園、全国高等学校野球選手権大会は、大阪桐蔭高校が13対2で秋田の金足農業高校を破り、春夏連覇を果たして閉幕しました。
さすがの剛腕、金足農業の吉田投手も、猛暑の中の6連投には耐えられなかったようで、大阪桐蔭の強力打線に打ち込まれてしまいました。
吉田投手の今大会の総投球数は881球、1試合平均約150球です。これだけ投げれば疲労が蓄積するのは当然でしょう。彼の球を相手の選手がうまくとらえられない(空振りだったりファウルボールだったり)ために打たせて取ることができずに三振が多くなり、必然的に投球数が増えることになります。
ただ投球フォームがいいので幸い肩肘を傷めずに投げ続けることができましたが、他の投手ではこうはいかなかったかもしれません。
昔の高校野球は、金足農業のように好投手がひとりで投げ抜くというところが多かったのですが、最近は二人三人の投手を持っているチームが増えました。そうでないと、暑い中での連戦を勝ち抜けなくなっているからです。選手の負担を軽減する必要もあります。
でもそれができるのは大勢の部員がいる有名高校だけで、地方の、特に公立高校では難しいのが現実です。だから今回のように一人の剛腕投手を中心に勝ち上がって来た地方のチームが脚光を浴びるのでしょう。

金足農業が秋田県予選を勝ち抜き、甲子園でも決勝まで駒を進めることができたのは、偏に吉田投手の力が大きいのですが、彼だけではなく、一緒に戦った他の3年生8人もよくやったと褒めてあげたいと思います。
レギュラーは全員3年生、控えは全員2年生、そして県大会から全ての試合を9人の3年生だけで戦って来たというのも珍しいですね。試合に出る機会のなかった2年生はちょっと悔しいところもあったかもしれませんが、こういうチームは団結力が強まります。
すごい投手が一人で引っ張るチームはどうしてもワンマンチームとなりがちですが、金足農業の場合、そんな感じは受けませんでした。実際甲子園での戦いにおいても吉田投手が完封するというわけではなく、点は取られたけれどもチーム全員で取り返すという試合内容でした。

かつて日本文理高校が中京大中京高校との決勝戦で大差をつけられながらもあきらめず、9回2死から1点差まで追い上げた試合があり、胸を熱くしましたが、それに勝るとも劣らぬ感動を金足農業ナインは与えてくれました。ありがとう。

さて、野球少年ならぬ野球「老」年の野球談議はここまでにして、この先は医療もチームなんですよという話をしたいと思います。
今までもいろいろな機会でお話しをして来ました。このコラムでも以前取り上げたことがあります。「エェー、またかよ」とおっしゃらずにお読みいただけると幸いです。

医療においてはどうしても医師や看護師が目立ちます。確かに医師がリーダーシップをとらなければならないのは事実ですが、医療(特に病院医療)は医師だけではできません。
入院経験をお持ちの方はお分かりだと思いますが、病院では様々な職種の人が働いています。医師、看護師、保健師、助産師、薬剤師、診療放射線技師、臨床検査技師、リハビリ技士(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)、臨床工学技士、視能訓練士、管理栄養士、歯科技工士、歯科衛生士などの国家資格を持ったプロのスタッフ、さらに医療ソーシャルワーカーや医事課・総務課職員、受付や会計窓口の事務職員、建物・電気設備の保守に携わる人、そして院内の掃除をしてくれているビル管理会社のスタッフなど。
これらの様々な人々が病院での医療にかかわっているのです。ひとり、どんなに優れた医師がいたとしても、その医師だけでいい医療を提供することはできないのです。

かつて作新学院高校に江川 卓という剛球投手がいました。彼の球は当時の高校生には打てないと言われました。実際完全試合やノーヒットノーランを何回も達成しています。しかし作新学院は甲子園では優勝できませんでした。確か2回戦か3回戦で銚子商業高校に破れています。最後は押出四球で勝負が決まりました。当時の作新学院は江川投手のワンマンチームでした。失点したときにそれを取り返す力はチームにはありませんでした。
またまた野球の話になってしまいましたが、要は医師のワンマンチームではダメだということなのです。
医師も神ではありませんので失敗を犯すこともあります。それをチーム全体でカバーできなければ、患者さんにとってのいい医療を提供することはできないのです。

「名医」とか「神の手」と称される医師がいます。そしてそれを求めて全国行脚する患者さんがいます。気持ちはわからないわけではありませんが、時間と金の無駄遣いでしかないと私は思います。
きちんとしたチーム医療を提供している病院は、必ず皆さんの近くにあるはずです。自分の足元に目を向けてみて下さい。

医療は不確実で限界があります。「絶対」ということはあり得ません。そんな中皆さんが満足のいく医療を受けるためには、皆さんと医療側との信頼関係を築く必要があります。担当の医師との信頼関係はもちろん重要なのですが、できれば医師以外のスタッフも含めて病院全体の医療チームとの信頼関係を築くことができれば言うことなしです。

もう一つ大事なことを申し上げます。チーム医療の中心は患者さん、即ちあなただということです。あなたを真ん中にして、周りをご家族そして私達医療チームが取り囲み、必要なときに必要な人がかかわる…、それがチーム医療なのです。人任せではダメだということをご理解いただきたいと思います。

 平成30年9月6日
病院長 藤原正博

カテゴリー: 院長の部屋