記事詳細

上越総合病院 健診棟及び救急・専門治療棟増改築工事安全祈願祭が挙行されました。

2010/05/21

平成22年5月7日(金)午前10時より、上越総合病院において健診棟及び救急・専門治療棟増改築工事安全祈願祭が挙行されました。

この度の増改築工事は第六次中期経営計画で、1)がん治療、救急医療の充実、2)救急災害医療体制の充実、3)健診センターの拡充による健診事業受入れの拡大等をかかげ、既に整備済みの放射線治療棟工事に続いて行われるものです。

今回の工事では、まず放射線治療棟を増築し健診センター棟とし、現在の1.5倍程度のスペースを確保することにより、健診センターを拡充します。

続いて現在の健診センターを救急・専門治療棟に改修します。工事概要は、現救急室を改修し10床増床により救急専用病棟を設置します。また、化学療法センターの新設、循環器内科の移設、神経難病リハビリセンターの新設、不妊内分泌治療センター整備等を実施します。これらの事業整備によって本会及び地域の基幹病院としての機能が更に充実することになります。

当日は施主として堀内理事長はじめ当会関係者が参列しました。来賓には上越市長村山秀幸様を迎えて、他JA・工事関係者など約30名のご臨席を賜り、小雨のなか八坂神社宮司により式典が厳粛に執り行われています。

工事の進捗予定は平成23年1月に健診センター棟の増築が完成し、平成23年8月には救急・専門治療棟の改修工事が完了する予定となっています。

鍬入れの様子
鍬入れの様子